銀行で事業資金を融資してもらうための方法

銀行で事業資金を融資してもらうための方法

私が借金を利用しなければいけなくなったとき、まずはそのサービスをインターネットで調べました。そこに書かれていた必要なものは印鑑、運転免許証などの個人を証明できるもの、多く借り入れる場合の収入証明書でした。思っていたよりも用意するものは少なく、気楽に借り入れができるのではないかとも思いました。

 

免許証はコピーしたものを利用する場合が多いため、先にコンビニで両面ともコピーをしておき、収入証明書は必要なさそうだったので用意しませんでした。銀行に行ってローン契約機に入るとゆっくりと説明を始めてくれて、機械に書かれている通りに手続きを進めていくとすぐに仮審査はOKという結果が出ました。その後、メールアドレスなどを入力して、本審査の結果を銀行の座席で待っているとすぐに結果が届いて借り入れができました。

 

必要なものが少なかったのは、利用限度額を低くしていたからでしたが、100万円や200万円も借り入れをしようと考えている場合には、収入証明書も必要で、収入も借り入れようとしている金額の3倍以上必要になるようです。今の自分でも安全に借り入れをするならばやはり30万円か多くても50万円程度が一番ちょうどよく、あまり無駄な借入はしないようにした方が良いです。

 

用意すべき書類は多くの銀行や消費者金融でも似ているので、比較してみてもよいです。少しでも手間を減らすためには、最初の用意すべきものも少ない方が安心です。近年はますます電子化が進んでいるので、電子化されたIC付きの免許証があればさらに借り入れも便利になるでしょう。印鑑だけは自身で用意しなければいけないのでない場合は安いものでも確保しておきましょう。

銀行で必要な情報や申し込み

消費者金融のサービスは比較的利用しやすく、申し込みで必要な書類も少ないですが、銀行のサービスになると収入証明書や免許証、住民票などが必要になることもあり、少し手間が増えてしまいます。特に信用を維持するために実際の住所を確認する住民票は提出を求められることが多く、利用希望額が100万円を超えてしまう場合には、収入証明書も必須になります。

 

市役所などで請求して出してもらうだけですが、用意するのはひと手間かかってしまい、平日仕事をしている方にとっては手続きだけでも面倒でしょう。その分、カードローンなどを利用できればしばらくは借入も自由にできるので、手続きを済ませておく価値は十分あります。審査も厳しいですが、しっかりと収入申告や手続きをしておけばそこまで不利な事態にはならないです。

手続きで失敗しなければ信用もアップ

銀行からどんなサービスであっても借り入れができるということは、その程度の信用があると認識されます。全く借金をしていなければよいというわけではなく、信用がなければキャッシングもカードローンもクレジットカードも利用できないので、銀行の審査に通っているという記録が残るのは多少メリットにもなります。

 

信用情報には良い情報も残りますが、延滞や滞納などの悪い事故情報も残るので、せっかく借り入れできたならば返済も問題なく滞りなく終わらせられるようにしましょう。信用度がアップしたからと言って借り入れが多くできるわけではないですが、問題なく利用し続けて、収入もアップできればさらに増額融資などをしてもらえる場合もあります。それぞれのサービスを工夫して有効に活用してください。

自己管理はとても重要

借入をしている間も審査をするときにも自己管理を怠ることは許されません。特に公共料金や携帯料金など一般的な出費に対しての支払いの遅れや家賃の大幅な遅れはかなり大きな問題になるので、十分注意しましょう。

 

延滞事故や未納事故情報があまりにも何度も起こっている人は携帯が使用できなくなったり、すぐに電気を停められてしまったりと良いことはあまりありません。カードローンやキャッシングについても同様に、信用情報に問題が出てしまえば損をすることも多いので、自己管理はしっかり済ませておきましょう。特に、カレンダーや手帳は非常に重要で、忘れてしまわないように気を付けてください。