事業資金の調達には銀行との付き合いが大事

事業資金の調達には銀行との付き合いが大事

会社を長く経営していると、人生と同じで良いときもあればもちろん悪いときもやってきます。そんな時に救いとなるのが銀行からの融資です。しかし、銀行は会社の経営状態が良いときには積極的に融資をしてくれるけれども、悪い時にはなかなかすんなり融資をしてくれません。

 

ではどのようにして自分の会社が苦しいときに銀行から融資をしてもらえるのか、それは常日頃の銀行との付き合い方で変わってきます。それは単に担当者の機嫌を取って多くという事ではなく、定期積み金や定期預金で預金の実績を積み、銀行からの信用を得ておくという事です。

 

会社の状態が良いときに、役員報酬を増やしてそれをそのまま自分の趣味に費やしているだけでは、銀行からの信用どころか何も実績が残りません。会社の景気が良いときにこそ、今後不測の事態が起きてしまった時に備えて積み立てをしておくと、同時に銀行への信用の実績づくりができるのでお勧めします。

 

その辺は個人にも言える事で、何も預金が無い顧客からいきなり「お金を貸して」と言われても、銀行としてもこの人は本当に大丈夫な人なのかと疑ってしまいますが日ごろからコツコツ積み立てを頑張っている顧客から融資を頼まれると銀行も安心してお金を貸す事ができると思います。

 

さて、実際に資金調達が必要になった時ですが、銀行に相談をすると、プロパーローンではなく信用保証協会を勧められます。信用保証協会の保証付き融資は、事業を営んでいる人だけがお金を借りられる保証制度で、一般的な銀行のプロパーローンよりも金利が安く設定されています。

 

資金使途は、設備資金だけでは無く運転資金も借り入れが出来るので、事業を営んでいる人にとっては嬉しい制度となっております。まずはこの制度で銀行で事前審査をしてもらい、無事に融資の承認が降りれば、本申し込み後、銀行から融資を実行してもらう事が出来ます。

 

普段からメインで利用していて預金の実績があれば、審査も通りやすいし銀行の担当者も積極的に動いてくれるので、会社が困った時にスムーズに資金調達するには、日頃の銀行とのお付き合いが非常に大事になります。